手術。

手術着に着替えきっつきっつのソックスを履く。エコノミー症候群対策

家族に見送られながらベットごと3階オペ室へ。
『旦那さんもついてきて下さい』
と言われ彼は歩きで一緒に。
ついて来いと言われたのに、オペ室についたらナースは
『では病室でお待ち下さい』
と言っていた。あれは強烈に疑問。なんのために呼んだ???
聞きたかったがどんどん奥へ。
ダーリン行ってくるよ〜

一つ目の扉でベットから手術室移動用のベットへ自ら移動。
二つ目の扉で手術台へ自ら移動。

手術室着。超寒いんですけどぉ。
あっテレビでみたライトの沢山ついてる丸いやつ。
見るもの全てが初めての手術室。
テキパキと私のために作業してくれている先生やナース。

私とは関係なくどんどん進んで行く。
『はい、脱がします』
『はい、背中にモルヒネ入れます、横向きになってくださ〜い』
されるがまま。まさにまな板の上の鯉。

『じゃあ眠くなる薬点滴しますね。。。。ちょぼさ〜ん』
と言われたところでライトの光がまわった。。。

ガラガラ。。。次に目が覚めた時はベット移動中。
終わったらしい。
そうだろうよ。だって
ものすごい痛いもん!
ついでに言うと喉も痛い!私が寝てる間になにをした???

よく麻酔が切れかけている時の記憶は定かではない、と聞いていたが
今でもはっきり覚えている。尿管も血圧計も酸素の管も。
めっちゃ痛かったし
家族のやさしい問いかけにも泣きながら
『うるさいっ!痛い』と叫んでいた。
背中のモルヒネが効く30分は。やれやれ。。。

すまん、家族。。。

ようやく痛み止めが効いてきた。
これくらいの痛みなら大丈夫。だって
生理痛の方が痛かったわ。

『カツ丼が食べたいです』

『そんな気がするだけよ』と却下。当たり前か。。。

そして寝る。。。
[PR]
by ulp-chobo | 2007-08-06 11:46 | ひとりごと
<< 術後。 入院2日目。 >>